FC2ブログ
水島博巳 社会保険労務士・行政書士事務所の所長ブログです。
2013-05-05 (日) | 編集 |
5月5日。
今日は子供の日です。

総人口に占める子供の比率は12.9%。
先進国のなかで、最も低い数値です。

他人の子供の育つのは早いと言われます。
自分の子供も気がつけば大人の仲間入りです。
そう言う自分も成人になって、はや30年以上が過ぎています。

三つ子の魂百まで。
子供の頃に心身に染み付いた習慣。
なかなか抜けないものです。

独立後に学んだ慶應MCCの友人に、私と同学年の「先輩?」がいます。
同じ時代に子供であり、同じ時代に学び、同じ時代に働く、まさに同級生。
でも「先輩?」と思ってしまいます。
地方育ちの「先輩?」は大学受験の頃、競馬のサラブレッド見たさに上京。
それでいて一流国立大学に合格。
今でもランニング、サッカー、登山などなど多彩な趣味をお持ちです。
だから考え方もとても幅が広い。

一方東京育ちの私。
若い頃は天地真理の追っかけ。
都内の私大で気ままな生活。
未だに趣味は「悪趣味」だけです。
銀行の支店長時代に趣味を持とうと試してみました。
ギター、ゴルフ、鉄道模型・・・
全敗です。全滅です。
まったく面白くない。
気づいたら仕事とビールだけの生活です。
お会いする度に「先輩?」との差を感じ入ります。

子供の頃に心身に染み付いた習慣。
時々、小学生の頃の学習を思い起こすことがあります。

あの頃。算数。 共通項を「括弧でくくる」
今。 事務所で整理整頓をしているときに「括弧でくくる」考え方が役に立ちます。
あの頃。 明日の時間割を見て、ランドセルに教科書を詰める。
今。 翌日のプレゼンや役所への書類提出など、手帳のスケジュールを見ながら鞄に詰める。

あの頃。 そんな「あの頃」の学習を思い出すことが度々あります。
子供の頃に心身に染み付いた習慣。

「先輩?」が身に付けた多彩な趣味や考え方。
私の「悪趣味」
さてさて、2人に近づいてくる老齢期。
子供の頃に心身に染み付いた習慣。
どのような違う「じいさん」に成長していくのでしょうか。
デイサービスで隣り合わせに座る時、どんな差になっているのでしょうか。

今日は子供の日。
自分の育ってきた歴史を見直してみたいと思います。
キャリアの棚卸。





スポンサーサイト





コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: