FC2ブログ
水島博巳 社会保険労務士・行政書士事務所の所長ブログです。
2012-05-24 (木) | 編集 |
多くの方は、子供の頃「人生ゲーム」や「モノポリー」などのボードゲームに熱中した経験をお持ちだと思います。

「人生ゲーム」
ルーレットを回し、出た数で自動車に見立てた駒を進めます。
結婚や出産で自動車にブルーやピンクの同乗者を増やします。
怪我や病気などの落とし穴に駒が止まると「一回休み」やら「費用請求」があったり、子供の進学やマイホームの新築で散財したり、反対に昇進やボーナス、はたまた遺産を受け取ったりして、駒を進めることで、手持ちのゲーム用の紙幣を増やしたり減らしたりします。
その都度、ボードに書いてあるコメントに一喜一憂しました。
そしてゲームの最後に「億万長者」か「貧乏農場」かの選択が待っていて、ゲームセットです。
ゲームセットを迎えても、また繰り返しゲームにチャレンジできます。

現実の「人生」でも毎日「駒」を進めています。
重篤な病になり、予期せずゲームセットを迎える人もいます。
生まれてきた家の財力やご両親の資質。
子供の頃からの本人の努力。
健康状態や生活態度。
生活や仕事で関わる様々な人との偶然な出会い。
選択した職業による浮き沈み。
就職した会社の経営状況。
子供の教育。親の介護。
挙げたら限が無い程に多様な要素により、人生の駒の進み方は変わります。
本当の「人生」のゲームセットはあの世に旅立つときでしょうか。
繰り返しゲームにチャレンジすることはできないのでしょうか。

生活保護の受給者が200万人を超えて、戦後の混乱期を含めて過去最多を更新し続けています。
生活保護は、憲法25条で生存権が保障されていることが根拠です。
本来なら働くことが出来る人まで生活保護に寄りかかっている現象も起きているそうです。
「派遣切り」や「雇い止め」による失業がきっかけで、勤労の意欲を無くして生活保護に安住している人も多いとの報道も見かけます。
悪いのは社会や政治のせいだけでしょうか。
生活保護は疾病等で勤労の意欲があっても出来ない方等が生活を維持するための制度です。
憲法27条は勤労の義務を国民に課しています。
「働かざる者食うべからず」
国会中継で「勤労の義務」を口にする議員さんを余り見かけないことに若干の違和感を覚えます。
数年前に政府が声高に提唱していた「再チャレンジ制度」も、今は影を潜めているように思います。
1度失敗しても再チャレンジできる社会。
ダイバーシティ。マイノリティ。多様性を認める社会。
社会の意識が多様性を認める方向にあっても、「駒」を進めるのは自分自身です。

サーフィンで鮫に左腕を食いちぎられても、また海に戻ってきた女性。
そのエネルギーは「海を愛しているから」という心にありました。
近々映画が公開されるそうです。
ある経験豊な弁護士さんの話を聞きました。
その先生は勤め人として上手く行かなかったので、敗者復活戦で司法試験にチャレンジしたそうです。
プロ野球のスター選手が奥様を病気で亡くされてから、農業に転向して、ご自身が育てた玉葱を美味しそうに食べている映像をテレビで見ました。
映画やテレビに取り上げられる程ではなくても、多くの人はご自身で意識しているかどうかは別として、素敵なストレッチをしながら毎日「駒」を進めていると思います。

キャリアのストレッチ。
「人生」のゲームセットはあの世に旅立つときだけとは限りません。
毎日床につくときが、ゲームセットかもしれません。
卒業のとき、定年のとき、失業のとき。
何かのピリオドがゲームセットかもしれません。
そこで「気づき」を持ちたいです。
ゲームセットの後には、新しいスタートがあります。
前のゲームでの体験を活かすも良し、心機一転「ニューチャレンジ」でも良し。
「駒」を自分の意思で進めたいものです。









スポンサーサイト





コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
子供の頃「人生ゲーム」や「モノポリー」などのボードゲームに熱中した経験をお持ちだと思います。「人生ゲーム」ルーレットを回し、出た数で自動車に見立てた駒を進めます。結婚や...
2012/05/24(Thu) 13:48:20 |  まとめwoネタ速neo