FC2ブログ
水島博巳 社会保険労務士・行政書士事務所の所長ブログです。
2014-06-20 (金) | 編集 |
東京都議会。
女性議員への野次。

良識ある民間企業の会議の場で、同じようなことが起こったら・・・
野次の主は、当然に懲戒処分を受けます。
その処分は、問答無用。
懲戒解雇までに至らなくとも、降格や役職剥奪は必至でしょう。
そこには、良識ある企業自治が存在します。

都議会は、より良識ある自治が求められて当然です。
野次の主の周囲にいて、もし庇う議員がいたならば連座同罪でしょう。
犯人隠匿。もっと踏み込めば共同正犯か幇助も成り立ちます。

多用な生き方、働き方が求められています。
女性の社会進出。いわゆるM字カーブの解消。
出産や育児への支援。キャリアの支援。
社会の変化のスピードは益々加速しています。
「人間社会において唯一確実なことは、変化である。」
「自ら変革できない組織は明日の変化に生き残ることはできない。」
(ドラッカー)

民間企業は、変革を怠れば必ず破綻に向かいます。
都議会は、破綻しないとの驕りがあるのでしょう。
国家であっても、破綻に至ることがあることは、歴史が証明しています。
東京都議会の良識ある自治を望みます。
政局にせず、淡々と変革されることを望みます。


スポンサーサイト